葬儀にかかる費用はいくら

葬儀に必要な費用は、全国平均で200万円程度だといわれています。しかし、近年は小規模な葬儀が流行しているため、もっと価格を抑えることも可能です。

初めての葬儀で準備しておくといいもの

依頼したい葬儀社は決めておく

父が亡くなった際に、事前に依頼したい葬儀社は決まっていたので、スムーズに葬儀の段取りが決められました。

退院の手続きをしておく

葬儀社の方がすぐに駆けつけてくれたおかげで、落ち着いて退院手続きを済ませることができました。

火葬のために死亡届を出しておく

死亡届と引き換えに火葬の許可証が発行されるとは知らず、葬儀社にいわれて、慌てて死亡届を提出しました。

近しい友人や知人の連絡先

祖父が急死したため、事前に葬儀の希望を聞いておくことができませんでした。せめて近しい友人や知人の連絡先だけでも聞いておきたかったです。

遺体を安置する場所の確保

マンションの高層階に住んでいるため、遺体を自宅に運び入れることができませんでした。葬儀社が安置場所を提供してくれて助かりました。

費用を抑えたい人には家族葬がお勧め

花

大切な家族が亡くなると、お通夜や告別式の準備をしなければなりません。横浜の葬儀社では、故人の希望や予算に応じた葬儀のプランを提案してくれます。80代以降の高齢者の場合は、親戚付き合いや交友関係が減少しているので、家族葬や一日葬を希望している人が増えています。横浜の葬儀社では、アットホームで温かみのあるお葬式を心掛けています。使用する祭壇の種類やサービス内容によっても、多少は料金が違ってきます。家族葬の場合は、80万円から、120万円前後が平均的な相場です。遺族や家族の精神的な負担を減らしたり、費用を抑えたりしたい場合は、通夜式を行わない一日葬がお勧めです。余分な所は費用を抑えても、心のこもったお葬式は出来ます。

遺体を安置する部屋が完備されています

喪服の女性

アパートやマンションなどの狭い家で生活をしている人は、遺体を安置する部屋がないと悩んでいる人も多いです。横浜の葬儀社では、遺体を安置してくれる部屋を完備しているので安心です。祭壇には豊富なデザインが揃っているので、予算に応じた商品を選ぶことが出来ます。地元の僧侶とお付き合いがない場合は、僧侶の手配などもしてくれるので安心です。横浜の葬儀社は、地域に密着をしているので、親切で丁寧な応対を心掛けています。

高齢者や体の不自由な人も安心です

葬儀会場

横浜の葬儀社は、経験豊富なスタッフが在籍をしているので、安心して利用出来ます。一般葬から、家族葬、一日葬にも対応をしているので、幅広い年代にお勧めです。主要な駅から利便性の高い立地にあり、広い駐車場も完備されているので、マイカーでも利用しやすいです。室内の段差などが少なく、清潔なトイレや休憩所も完備されているので、高齢者や体の不自由な人も参列しやすいです。僧侶による丁寧な読経が受けられるので、丁寧な供養が出来ます。

広告募集中